煙々、延々と、二人語り


 カシッカシッ、と二度ほど擦ってみても、ジッポが火を吐き出すことはなかった。そこでようやく、オイルが切れていることに気がつく。
 煙草を咥えていた全身真っ赤な服装の女性――岡崎夢美は、その整った顔を露骨に顰めて小さく呻いた。しまったー、と呟いてからジッポを懐に収める。
 彼女がいるのは、学内でも数少ない喫煙所の一つである。ガラスで囲まれた、決して広いとはいえない場所を、スタンド灰皿と大きな吸煙機がなおさら狭くしている。
 この科学世紀において、彼女の口元にあるような古くて煙臭い紙巻煙草を吸っている人物は稀も稀。今では煙を介さずにニコチンそのものを効率的、且つ周囲に気遣うことなく吸引できる、俗に言う『電子たばこ』のようなものが広く出回っている。
 もっとも、電子たばこという物自体はかなり昔からあったのだが、昨今のそれはさらに『良い物』になっているらしい。煙も出ず、熱もないので火傷や火事の心配もない。
 煙草以上にニコチンを効率的に摂取できるというそれは、その時の喫”煙”者達にとっては良くも悪くも衝撃的だった。当初はなにかしらの有害性や副作用など、不安の声も挙がっていたが、そもそも、彼らは喫煙者である。健康への害など、今更の話であった。
 実際問題、これといった有害性も見つからず――多少中毒性が高いという問題はあったが――、今ではほとんどの喫”煙”者達はそちらに移行した。それによって喫煙所の需要は激減し、設備は旧式なままにその領域だけがコンパクトにされてしまった。
 紙巻の煙草はもはや、一部の懐古主義や物好きしか嗜む者はいない。

 岡崎夢美は、その両方に当てはまる奇特な人物であり、そしてそれ故に、現在このような状況に陥ってしまっている。

 とはいえ、つい先日まではわざわざ喫煙所まで赴かず、彼女は自らの研究室で煙草を吹かしていた。それも結構な頻度で。そんな彼女がなぜ、今日に限って喫煙所にいるのかと言うと、全て説明するには少しばかり長くなる。
 端的に言えば、注意を受けたから、というだけで済んでしまうのだが。
 当然、それだけであれば彼女は気にも留めないが、相手が悪かった。よりにもよって、生徒二人と自らの助手に言われてしまえば、流石の夢美とて反省せざるを得ない。実際のところ、その反省とやらは、彼女の膝丈よりも浅いものらしいが。
 それでも、先日注意をうけたばかりに、また同じ事を繰り返すことはしない程度に深くはある。姿勢だけでも反省をみせようとしているあたり、まだましなのかもしれない。




――――――――


 はてさてそんな岡崎夢美はというと、未だに煙草を咥えてそこに佇んでいた。
 どうやら、一度咥えた煙草を戻す気にもならず、かといってそのまま喫煙所から出るのも憚られ、どうしようかと模索しているらしい。ただでさえ目立つ格好をしているのだからいまさら煙草程度、と思うかもしれないが、当人にとってはそうもいかないようだ。
 他に人がいるなら火を借りるなどするのだが、前述の通り、彼女以外にはこの学校に喫”煙”者はほとんどいない。
 申し訳程度に設置されているベンチに腰掛け、悶々と思案する。ニコチンの不足やら自分の不甲斐なさに苛立ち始めたところで、ようやく彼女にも助け舟がきた。

「こんな所にいたのか、ご主人」

 そんなことを言いつつ喫煙所の扉を開けたのは、セーラー服に水兵帽、それの下には黄色いツインテール。こんな格好した人物など、この学校には夢美の助手、北白河ちゆり以外にいない。
 自らの助手の姿を見るや、夢美は叫んだ。

「ちゆり! すぐに近くの売店でオイル買ってきなさい、オイル!」
「はぁ?」

 当然、急に言われた側は意味が分からないわけで。
 ちゆりはというと

(ついにこの世界に嫌気がさして、焼身自殺でも考え出したか?)

 などと、とんでもない方向に思い違いをしている。
 唖然としているちゆりを見て、苛立たしげに夢美はもう一度言う。

「ライターオイルだよ! よりにもよってこんな時に切れるなんて・・・・・・!」

 こんな時、とは言うが、別段急ぎの用があるとかいうわけでもなく、単純にイライラしているだけである。
 そこでようやく、ちゆりの目が夢美の口元にある煙草に行った。瞬時に、彼女が置かれた状況も飲み込めたらしい。

「ああ、はいはい。なるほどな」
「わかったなら早く行きなさいよ」
「つってもなぁ。学校の売店に、ライターのオイルなんて売ってると思うか?」
「あ、あー・・・・・・」

 迂闊、というよりはただ単にそこまで思い至らなかったようだ。
 学校の売店で売られているのは、ほとんどが食料品や文房具など。使い捨てライターくらいならあるかもしれないが、ジッポのオイルなど置いていないだろう。
 夢美は普段、売店を利用することがないので、それを知る由もなかった。

「じゃあコンビニとかでもいいからさ、買ってきて頂戴よ」
「まあ、まあ」

 急かす夢美を宥めつつ、ちゆりはその隣に腰を落とす。ベンチが狭くなるのを配慮してか、地べたにしゃがみこむように。
 スカートであればあられもない姿なのだが、生憎彼女はキュロットパンツを着用していた。それでも、広く開いた裾の辺りは随分際どいのだが、人目もなければ気にすることもない。
 夢美が不審な目を向けているのを見計らって、ちゆりはポケットからあるものを取り出した。

「・・・・・・なんで、あんたがこんなもの持ってるのよ」
「科学者としての嗜みだぜ」

 夢美の視線は、ますます訝しげなものになる。手渡されたのは、あまり中身の減っていない燐寸箱だった。
 科学者と燐寸になんの繋がりがあるのか、さっぱり分からないが。それはともかくとして、夢美の目にはまだ懐疑の色が浮かんでいる。

「まあ、そんな冗談は置いといて」

 言いつつ、ちゆりは燐寸を取り出したのと逆のポケットをまさぐる。取り出したのは、燐寸箱よりも一回り大きい、黄緑色のパッケージ。
 それを軽く振りながら、彼女は少し困ったような笑みを浮かべた。

「昔の癖でさ、どっかに持っとかないと落ち着かないんだよ」
「あー、そういえばあんたも吸ってたんだっけ」

 それは、夢美のものとは別の銘柄の紙巻煙草だった。他よりもずっと安く手に入る、しかし今では手に入り辛い旧三級品の煙草。
 そこから一本取り出すと、ちゆりはそれを口に咥える。

「禁煙してるんじゃなかったの?」

 怪訝そうに尋ねる夢美に対し、ちゆりは目で促す。はやくそれを寄越せ、と。
 急かすような視線を受けつつも、夢美はゆるりと燐寸を擦る。

 しかし、

「むっ?」

 聞こえたの火の点く音はではなく、ポキリ、と景気よく燐寸の折れる音だった。夢美は再度、点火を試みるものの、またもあっけなく燐寸棒は折れてしまった。

「へたっぴさんだぜ」
「う、うるさいな! だったらちゆりが点けてよ」

 ズイと、隣に向かって燐寸箱を突き出す。
 やれやれといった風に苦笑してそれを受け取ると、ちゆりは一擦りで火を点けてみせる。夢美は何故か不満げな顔で、その様子を見ていた。

「ほい」
「ん、ありがと」

 差し出された火に煙草の先端をあてがい、軽く息を吸い込む。口を離すと、濃い煙がゆっくりと唇から零れだした。しっかりと燃え出したことを確認してから、煙草を火から離す。先端からは、口からのとは別な、薄い煙。
 あちち、と言いながらちゆりは指先近くまで燃えていた燐寸を振り消す。新しく取り出そうとして、ふと思い立ったように、その手を止めた。

「んー」
「なに、やっぱり吸うのやめるの?」
「いやまぁ、吸うには吸うけど」

 そう言ってちゆりは立ち上がると、煙草を咥えたまま夢美の正面に立つ。
 何事かと顔を顰める夢美と、それを見てにやりと不敵に笑うちゆり。
 と、ちゆりは不意に顔を近づけ、自分の咥えた煙草を夢美のそれに触れさせた。

「んぐっ!?」

 その突然の行動に、夢美は思わず息を呑む。当然、煙草から多量の煙を吸ってしまい派手にむせる。煙草を落とさなかったのは、不幸中の幸いだろうか。
 ちゆりはというと、うまく煙草に火が移らなかったのが不満なのか、眉根を寄せていた。

「ありゃ、うまくいかないな」
「ゲホッ! ち、ちゆりあんた、急に、なにすんのよ!」

 悠長に燐寸を擦っているちゆりに、夢美はむせながら抗議の声を上げた。そんな声もどこ吹く風といった様子で、ちゆりは煙を吐く。
 両切り煙草の濃密な煙に口を、喉を、肺を焼かれるような。そんな懐かしい感覚を、ちゆりはじっくりと味わう。満足げに、もう一度煙草を吸い込み、吐き出しながら答える。

「『シガーキス』ってやつだぜ。喫煙者にとっちゃ浪漫だろ?」
「なんの前置きもなくやっといて、ロマンもなにもあるか!」
「いやぁ、悪い悪い」

 いまだにむせ続ける夢美に対して、ちゆりはさして悪びれた様子もなくカラカラと笑う。ザカザカと燐寸箱を鳴らしながら弄び、続ける。

「んで、さっきの質問。禁煙云々についてだけども、今日はお休みってことで」
「なにそれ。禁煙ってそもそも、喫煙の休みみたいなもんでしょうよ」
「その禁煙を休むから、今日は吸っていいんだよ」
「だからそれは・・・・・・いや、もういいわ」

 大きなため息をついて、夢美は黙ってしまった。


――――――――


 二人はしばらく、これといって語ることもなく、数本の煙草とそれなりの時間を浪費した。頭上には二人の口と煙草から吐き出された煙が、クルクルと漂い、吸引機へと消えていく。
 プカプカと煙を吐きつつ、クラクラとした頭のなかを、フワフワとした意味のない思考が過ぎっていく。
 その間、夢美は何度か自分で燐寸を擦ってみたものの、やはり上手くいかない。そのたびに、ちゆりは苦笑しながらそれを代わり、夢美は悔しそうに眺めながらその火を借りるのだった。
 何本目かの煙草に火を点けた時、夢美は不意に声をあげた。

「あっ」
「どうしたご主人。またなんか迷惑なことでも思いついたか?」
「失敬な。私がいつも人様に迷惑かけてるみたいな言い方しないでよ」

 夢美の言葉は尖っているものの、その声色は至って平然としていた。上下関係など、ほとんど形骸化してしまっているから、ちゆりも遠慮なく軽口を叩く。夢美も、よほどでなければきつく注意するようなことはしなくなった。
 しかし実際のところ、彼女の思いつきが他人に迷惑をかけるのは常だったりするが、ちゆりはあえてそこに触れなかった。この岡崎夢美という天才、いや奇才に、なにかをするなというのがそもそも無理な話なのである。

「そうじゃなくって、なんであんたは私を探してたの? なんか用事があったんじゃない?」
「そういやすっかり忘れてたな。いや、別に急ぎの用事じゃないぜ」
「まあ、そうじゃなきゃ今ここで暇を弄ぶようなことしないものね」

 そう言って、夢美はケララと笑った。フワリと、その口元から濃い煙が漏れる。
 それから少しだけ目を逸らして、ちゆりは煙を吐いた。

「宇佐見が、レポート提出しにきたからさ。それ伝えるついでの気分転換に、な」
「あぁ、やっと出したのねあいつ。期限ギリギリなの、わかってるのかしら」

 まったくもう、と呟いて、またため息。
 宇佐見というのは、夢美の授業を受けている生徒の一人である。さらに言うと、夢美の喫煙を注意した生徒二人のうちの一人だ。
 それなり以上の才能はあるのに、授業や課題へ向ける態度の悪さに、夢美含む教授達は辟易させられていた。その上、相方となにやら怪しげな倶楽部活動をしているという噂まで立っている。
 まぁ、夢美達は既にその活動を知っているし、別段それについて、とやかく言うつもりもさらさらなかったりする。

「でも、間に合わせたのなら良かったわ。平然と遅れて提出してくるなんてザラだし」
「そうやって甘やかすのが、だめなんだと思うぜ」
「甘やかしてるつもりじゃないんだけどなぁ・・・・・・」

 不貞腐れるようにそうぼやいて、短くなった煙草をもみ消す。
 本人はそう言うものの、傍から見ても彼女の裁定は他と比べて緩く、それ故に期限ギリギリに提出する生徒は多い。宇佐見もそれを知っているから、夢美の授業課題を後回しにしているのだろう。
 とはいえこれが続くとなれば、助手であるちゆりから豪勢なプレゼントを贈られることになる。大抵の生徒は、これによってしっかりと期限を守るようになってくれたが、宇佐見に関しては全く効果がなかった。どころか、出された課題と一緒にそのプレゼントまでしっかり仕上げて提出してきたのだ。その時には流石のちゆりも、呆れを通り越して思わず感嘆してしまった。
 閑話休題、吸殻を灰皿に放って、夢美は大きく伸びをした。
 もう一本くらい吸っていくか、それともいい加減に研究室戻ろうかと逡巡する。切羽詰るような用件は、少なくとも今のところはないし、かといってあまりヤニ臭くなるのもよろしくない。
 などと思ったところで、夢美は自分がここにいる原因となった日のことを思いだした。

「そういえば、ちゆりはなんであの時やたら過剰に煙草を嫌がってたの?」
「あ? なんのことだぜ?」
「ほら、私があの二人に薀蓄垂れてた時に『煙草が嫌いだ』とかなんとかって。あと、その語尾はおかしいと思う」
「あー」

 語尾云々は気にせず、ちゆりはその時のことを思い出そうとする。あれはたしか、夢美が例の奇妙な置物――水煙草とか言ったか――を買って間もなくだった。
 研究資金をそんな物に使っていいのか、というちゆりの小言も、ご満悦な夢美には聞こえていなかったように覚えている。結果的に、なんとか残された資金でやりくりできたものの、それもちゆりが陰ながらに苦心していたのが大きい。
 さておき、その時はたしか、夢美がちゆりに隠れて研究室で喫煙し、さらには宇佐見らを誘惑していたんだったか。そういえばその時、そんなことを言ったような、言ってないような。
 そのあとはたしか・・・・・・そこまで考えて、ちゆりはそれ以上思い出さないようにした。

「たしかにあんたが私の喫煙をよく思ってないのは知ってるけど、嫌いだなんて言わなくても」
「多分、あれだ、宇佐見とハーンがいたからかな」
「なにそれ」
「あの二人に、私が煙草吸ってるってのを知られたくなかったんだよ」
「で、咄嗟に出たのがあの台詞だった、ってこと?」
「まあ、そうなるな」

 似合ってないからな、と付け足して、ため息と煙を吐き出す。そんなことないと思うけど、という言葉を、夢美は口に出さなかった。
 火の点いたままの煙草を、ちゆりは灰皿に投げ込む。綺麗な放物線を描いて、じぅ、という音と共に煙草は見えなくなった。

「それに、あいつらが変に影響受けて煙草吸い始めても気分がよくないしな」
「いいじゃない。吸う吸わないは個人の自由なんだから」
「それもそうだけど、さ。つっても、そんな私の気遣いも、無駄だったみたいだし・・・・・・」

 ちゆりはそう言って、自嘲気味に笑った。
 しかし、その言葉の意味するところを、夢美は理解できなかった。首を傾げながらちゆりに尋ねる。

「無駄って・・・・・・どういうこと?」

 今度はちゆりが首を傾げる番だった。こいつは何を言っているのだと、そう言いたげな目を夢美に向ける。
 対する夢美はおかしなことを言ったつもりなど、微塵もないのだが。
 少しだけ眉を顰めて、それからなにか納得したかのように、ちゆりは頷く。

「あー、そうか知らないのか」
「は? なにがよ」
「言っても・・・・・・いいのかなぁ」

 やけにもったいぶる彼女の様子に、夢美は妙な違和感を覚えた。いつものサバサバとしたちゆりの姿とは、少しかけ離れている。
 そして、こういう時は大抵何か隠しているのを、夢美は知っていた。
 予想通り、次の言葉は夢美にとっては予想外の言葉だった。

「あいつら、二人とも喫煙者だぜ」

 その言葉に、夢美は一瞬凍りつくように動きを止めた。
 口から搾り出されたのは「ぇえ」という間の抜けた、驚愕の声だった。

「あの後、ご主人を引きずって研究室に戻ったら、あいつら二人して煙草吹かしてたんだよ」

 ご主人はのびてたから知らないだろうけど。あっけらかんと、ちゆりはそう言った。

「それに多分、ご主人よりも長く吸ってるかな、あれは」
「待って、え? あいつら、煙草、吸ってたの!?」

 途端に夢美は狼狽し始める。宇佐見達が喫煙者だったとも知らず、二人に煙草の薀蓄を語って、さらに目の前で助手に叱られたなんて。

 しかも、だ。

「そのくせ、あいつら私に説教したのか!?」

 彼女らは夢美が喫煙しているのを見て、やれ「常識をわきまえて」だの、やれ「百害あって一利無し」だのとのたまったのだ。そのくせ自分達も喫煙者だったなんて、とんでもないペテンだ。
 まあ、その時彼女らは一言たりとも『自分は吸ってない』などと口にしていなかったのだが。
 その時を思い出した羞恥や憤りで自らの顔を真っ赤にして、夢美はワナワナと震える。そしてその矛先は、間近にいたちゆりに向けられる。

「ちゆりあんた知ってたなら早く教え――」

しかし、その標的は既に音もなくその場から消え、遠くに走り去る背中が見えた。

「ちょ、ちょっと! 待てコラ!」

 夢美はその後を追って喫煙所を飛び出す。
 誰もいなくなった喫煙所には、半分ほど中身の入った燐寸箱が残されていた。


――――あとがき――――

燐寸を上手く点けれない人とか、たまにいますよね。だからどうというわけではないのですが。
夢美さんは、なんとなくそういうところがぶきっちょなイメージがあります。
そこがまたとても可愛いなー、とか思ったり。はい。

さておき、随分と間が空いてしまいました。
生存報告もかねてお久しぶりです。
最近の私はストレスやらなんやら、色々凄まじいです。
約5ヶ月ぶりの更新は、以前参加させていただいた『煙草秘封合同』に提出したお話の、後日談というか、蛇足みたいなお話です。
以前書いていた『現行のとは離れたもの』はまた次回に。
なるべくこれ単品でも読めるように書きました。多分単品でも大丈夫な、はず。
『煙草秘封合同』を読んでいただいていれば、もうちょっと面白くなるかも?
そもそもが面白いかどうかは別問題だ。
後付けの設定なんかも入ってるので、ちょっとおかしいところはありますが、まあそれはそれってことで

ここらで宣伝を一つ。
京都秘封こと『科学世紀のカフェテラス』に、今年も参加予定です。
昨年と同じように、無賃乗車氏と合体で申し込んでます。
今回は、ほとんどノリと勢いでやることになった『秘封ラーメン合同』なるものを頒布する、予定です。
表紙はこちらになります。→id=52784433
残る作業もわずかなので、ほぼほぼ出せるかと思われ。
それから既刊の『秘封S.C.P』も持って行こうかなと。
あとあと、上記の『煙草秘封合同』も委託を予定しているので、気になる方は是非に。
しばらくしたらちゃんとまとめた告知をさせて頂きます。

こんなところですかね。
それではまた、近いうちに。


――――――――


 岡崎夢美のラボでは、顔色を悪くした二人が、息も絶え絶えといった様子でへばっていた。

「はぁ・・・・・・煙草吸った、直後に・・・・・・走るもんじゃ・・・・・・はぁ・・・・・・ないわね・・・・・・」
「同感、だぜ・・・・・・うえぇ、久々だってのに・・・・・・吸いすぎた・・・・・・」

 両名とも、しばらく喫煙を控えようと心に誓ったという。



[PR]

  by mimes_jio | 2015-09-30 02:06 | 東方二次

<< 【京都秘封】秘封らーめん合同【宣伝】 【花屋】幻想茶店【店主】 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE